ブラッシングで被毛と皮膚をケアしよう②コームでブラッシング&ブラッシングいやがる時の対処法

ブラッシングは健康維持にも、飼い主とのスキンシップにもとても有効な方法です。ぜひ習慣にしていきましょう。

ブラッシングの方法には幾つかあります。

前回はハンドブラッシングラバーブラシでブラッシングする方法をご紹介しました。

今回はコームでブラッシングする方法です!

スポンサーリンク

 

コームでブラッシングする方法

コームでブラッシングは長い毛の猫ちゃんに向いている方法です。

長い毛の猫ちゃんは毛玉を作らないためにも、毎日ブラッシングがおすすめです。

毛が入れ替わる時期には1日数回行なうとより理想的。

少量の毛束ずつ丁寧にとかすと、ふんわりゴージャスな毛並みを保つことができます。

 

用意するものはコームブラッシング用スプレー。

コームは目の細かいものと粗いものを用意します。

もつれ具合によって使い分けていくので2種類あると便利です。

2種類が半分ずつ付いているタイプもありますよね。それもおすすめです^ ^

 

持ち手が付いていて串先の多い、スリッカーを使えばたくさん毛が取れるのでは?

と思うかもしれませんが、力加減が難しいので最初のうちはコームを使った方が良いと思います。

刺激が強く、特にシニア猫は皮膚も弱っていたりするので、傷ついてしまう可能性があります。

シニア猫は優しくなでるようにブラッシングがベストです。

 

では手順を確認していきましょう^ ^

スポンサーリンク

 

リラックスモードへとご案内

もうこれは基本になってきましたね笑

優しく声をかけながら、頭やおでこをなでてリラックスさせます。

ゴロゴロ言い始めたら最高!笑

 

リラックスしてきたら静電気防止のために専用スプレーを猫ちゃんの全身にまんべんなくかけましょう。

体に直接かけずに、体の上の空間にシュッとすると優しくふわっと全体にスプレーがかかるのでオススメですよ^ ^

 

背中の毛を少しずつコームでとかす

背中の毛を少しずつとかしていきます。

一気に広い範囲をとかすのではなく、少しずつ毛束をとってほぐすようにします。

はじめは粗い目を使って、ほぐせたら細かい目を使ってほぐしていきます。

 

逆毛を立てるようにおしりから頭へととかす

おしりから背中に向かって逆毛を立てるようにコームでとかしていきます。

柔らかい皮膚を傷つけないように丁寧に優しくとかすようにしましょう。

猫ちゃんの皮膚はデリケートですからね。

 

同様に背中から頭にかけてもコームでとかしていきます。

もし抜け毛がコームに絡めばその都度とるようにしましょう。

 

最後にもう一度おしりに向かってとかして、毛並みを整えましょう。

スポンサーリンク

 

顔周りは慎重に

コームで目を傷つけないように注意しながら顔の中心から外側に向かってとかします。

ほっぺたの辺りの毛はもつれやすいので丁寧に何度か繰り返してよくとかしましょう。

 

前足、後ろ足をとかす

前足、後ろ足を一本ずつ、付け根から先に向かってとかしていきます。

おもて面も裏面も丁寧にコームを通していきます。

太ももはしっぽを片手で持ち上げながらするとやりやすいです。

 

前足

前足の下に手を入れて少し浮かせると、とかしやすいです。

前足を持ち上げるので手早く丁寧に済ませましょう。

 

後ろ足

まずおしりから太ももの毛をとかし、その後かかとの部分もとかします。

ここももつれやすい部分なので念入りにとかしましょう。

 

しっぽも優しく丁寧に

しっぽは非常に毛が絡まりやすい部分。

一気にとかそうとせず優しくとかしていきます。

しっぽは神経がたくさん通っていて大切な部分なので丁寧に扱いましょう。

スポンサーリンク

 

おなかは丁寧に手早く!

抱っこするように抱きかかえて、上から下に向かって手早くとかしていきます。

仰向けを嫌がる場合は、猫ちゃんを寝そべらせ、片方の前足を付け根から持ち上げてブラッシングしてもOKです。

自分の体に猫ちゃんの体を寄りかからせるとやりやすいと思います。

 

それすらも嫌だ!という猫ちゃんなら自然な姿勢でブラシをおなかの下に入れてブラッシングしてあげましょう。

もう片方の手でおなかを支えるとやりやすいです。

 

ここも難関ですね(^^;;

 

毛玉になりやすいところをほぐす

わき

猫ちゃんを横向きに寝かせて前足を持ち上げます。

前足の付け根からおなかの方向へと優しく毛をとかします。

 

内股

横向きに寝かせたまま、後ろ足を持ち上げ、ももから足の付け根に向かってとかします。

 

あご下

猫ちゃんの頭を上に向けてあごから胸に向かって、とかします。

胸の毛はゴージャスに見えるポイント部分なので、ふっわふわにしてあげましょう💕

 

全体を整えて出来上がり

最後に全身をチェックしながら整えていきます。

目の細かいコームで毛並みを整えることによってツヤ出しをします。

 

ふだんなら1日1回、毛が入れ替わる時期なら1日に数回ブラッシングして、素敵な毛並みを維持しましょう。

 

手順が多いと思うかもしれませんが、慣れてしまえば手順を覚えて手早くできるようになります。

そうなると、気軽にできるようになるのでぜひ習慣にしていきましょう。

 

何よりも猫ちゃんと触れ合える良い機会なので大切にしたいですね💕

 

スポンサーリンク

 

ブラッシングをいやがる時の対処法

なぜブラッシングを嫌がる猫ちゃんがいるのでしょう?

それは、ブラッシングに嫌な印象を持っているからに他なりません。

 

下記のアイデアを参考にしながら、猫ちゃんの中にある苦手意識を取り除いていきましょう!

 

また、急にブラッシングを嫌がるようになった場合は注意して!

触れると痛い場所があるのかもしれません。

体に異変がないかどうかチェックしましょう。

 

道具に慣れさせる

猫の居場所に道具を置く

ブラッシングの道具を出しただけで猫ちゃんが逃げ出す!

といった場合は道具を特別意識しているから。

猫ちゃんのいつもいる場所の近くなどにブラシやコームを置いておきましょう。

少しずつ道具に慣れていきますよ^ ^

 

いつでもブラッシング出来るように道具を携帯する

たまにしかブラッシングしないと猫ちゃんも慣れていきません。

気がついたときにすぐ始められるように、ポケットなどに道具を入れておくのもおすすめの方法。

頻繁にブラッシングすると、少しずつ慣れていくはず(*^^*)

スポンサーリンク

 

良いイメージを与える

はじめは顔周りだけを優しく!

「ブラッシングは痛い!」「ブラッシングは気持ち良い!」

どちらが猫ちゃんにとってブラッシングを習慣にしやすいでしょうか?

言うまでもありませんね^ ^

 

はじめは顔周りを優しくマッサージするように毛をとかす事だけを繰り返します。

そうする事で、「ブラッシングは気持ち良いのだ!」と覚えてもらうようにしましょう。

 

押さえつけずに自然な姿勢で

抱きしめたままブラッシングしたり、強く押さえつけたりすると猫ちゃんは恐怖を感じます。

猫ちゃんが座ったり、寝転んだりしている自然な姿勢でブラッシングしてあげましょう。

 

嫌がる前にやめる!

コツは、早く短く頻繁に。

猫ちゃんがしっぽをブンブンしたり、ヒゲがピクピクしたりするのは、我慢が限界にきている証拠です。

続けてしまうと嫌な印象を与えてしまうので、猫ちゃんが嫌がる前にやめるようにしましょう。

 

おやつをあげて印象をよくする(^^;;

やっぱりご褒美は大事ですよね^ ^

ブラッシングの後におやつをあげれば「我慢すれば良い事がある」と覚えてもらえます。

いずれ「ブラッシング=楽しい」という風に変えていく事ができます。

 

特にむーにーみたいな食いしん坊には効果的!笑

スポンサーリンク

 

まとめ

長い毛の猫ちゃん向けのコームでブラッシングする方法を考えてみました。

特に毛長の猫ちゃんは習慣的なブラッシングを必要としますが、その分ゴージャスな毛並みを楽しむ事ができるので習慣にしていきましょう。

 

管理人も習慣的なブラッシングでむーにーとスキンシップをはかっていきたいと思います!!( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です