ヨーグルト大好き💕

むーにーはヨーグルト食べるのが大好き!

以前調べて色々注意しながら与えてます。

せっかくなので猫とヨーグルトの関係について少しまとめてみました(*´꒳`*)

スポンサーリンク

 

猫にヨーグルトはあり?

人間にとって栄養価の高いヨーグルト。

なんだか猫にもいいイメージですが本当のところはどうなのか?

結論。プラスに働くことが少なくないようです。

  • 便通を改善し、腸内環境を良くする
  • 乳酸菌で虫歯菌や歯周病菌をやっつける効果も期待できる
  • 口臭対策にもなる

『こんな良いことたくさんあるんだったら、とにかくたくさん食べさせれば良いのね!』

とはならないですよね(о´∀`о)

何事も適切な与え方と適切な量があるのです( ̄ー ̄)

では、注意点をまとめてみたので見てみましょう。

 

いくつかの注意点

乳製品アレルギーじゃないか確認しよう

もちろん、乳製品アレルギーを持っている子には食べさせるのはNG。

まずは少しだけ食べさせてみて、様子をみましょう。

痒がる仕草や下痢・嘔吐が見られるようならSTOP。

アレルギー反応が強いようなら動物病院に直行!

 

過剰摂取は避けよう

どんなものでも「過ぎ」ると問題になりますよね。

ヨーグルトは脂肪分が結構含まれているので、食べさせすぎると肥満の原因になってしまうかもしれません。

目安としては小さじ2杯程度が限度。回数としては1日3回まで。

結構少ないと感じるかもしれませんが、小さい体であることを忘れないようにしたいですね(^ ^)

 

ヨーグルトのタイプに注意

色々なヨーグルトが売っていますが、猫には「無糖」タイプ「無脂肪」または「低脂肪」タイプがベスト。

虫歯の原因になるので砂糖入りは絶対に避けたいですね!

「味付き」や「フルーツ」入りなどはもってのほかです!

猫にとって致命的になるものもあるので絶対にやめましょう!!((((;゚Д゚)))))))

猫用のヨーグルトも売っているのでそれも安心ですね。

 

好き嫌いをみてあげよう

猫にも好き嫌いがあるので、純粋に嫌いなら与えなくてもOK。

無理に食べさせないようにしましょう^ ^

スポンサーリンク

 

では実際に食べさせてみよう!

むーにーに乳製品アレルギーはありませんでした!

ということで、ウチでは無糖ヨーグルトを家庭で作っているので、それをたまに与えています。

なぜか動画は解体後の牛乳パックを舐めさせているところ・・・笑

ぺろぺろぺろぺろ。

ひたすらぺろぺろぺろぺろ。

おでこにヨーグルトが付いてるよ💕

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です