猫のための部屋づくり入門①のんびりと過ごせる部屋づくり

室内飼いをするなら猫ちゃんにとって家の中は唯一のなわばり。

今日は”人間にとって”ではなく、”猫ちゃんにとって”居心地の良い場所とはどのようなものなのか?

一緒に考えていきましょう!

スポンサーリンク

 

覚えておきたい基本原則!

ストレスのない空間づくりを心がける!

猫ちゃんが長生きするためにはなんといってもストレスを感じさせない事!

一日のほとんどを家の中で過ごすことが多いので、家の中をどれだけストレスフリーにできるか、そこが腕の見せ所になってきます。

猫ちゃんにとってストレスになったり、体調を崩しやすくするような環境下にいると病気になったり、元々の持病を悪化させてしまうことになります。

猫ちゃん目線で空間づくりをしていきましょう!

 

“猫ちゃんにとって”のんびりとしたお部屋の作り方💕

猫ちゃんだけのスペースを作ろう!

室内飼いの猫ちゃんは人間と共存することが基本。

それでも猫ちゃんだけのスペースがあることもとても大切。

猫ちゃんのベッドやケージ、タワーなど・・・

その猫ちゃんだけのスペースを作ってあげましょう!

落ち着かない時の避難場所にもなるので、どうぞよろしくお願いします💕

多頭飼いしている場合は、1匹ずつに専用スペースを確保してあげてください( ´∀`)

 

むーにーの場合こんな感じ。

窓際とか・・・

高いところに作ってあげると良いと思います!!

スポンサーリンク

 

危険なものを排除!

猫ちゃんにとって危険な植物や誤飲の危険がある輪ゴム、ひも、ビニールの切れ端をその辺に置いておかないようにしましょう!!

これはすごく大事です!!

中毒を起こしたり、下手すると開腹手術や腸閉塞になって命に関わるかもしれません((((;゚Д゚)))))))

誤食・誤飲・ケガなどの危険があるものは猫ちゃんのいる場所にはおかないようにしましょう。

あと、我が家では感電の危険があると思い、充電ケーブルなどもお出かけの時は撤去しています。

ケーブルを保護できる商品も100均一などに売っているので活用できそうです。

あとは虫対策の薬剤とかにも気をつけたほうがいいと思います。

 

適度に動ける広さも確保!

健康的に暮らすにはある程度の広さも必要。

運動不足になりがちな室内飼いの猫ちゃんには思う存分走れるスペースを確保してあげましょう。

我が家も狭い家ですがめいっぱいのストレートコースを用意してます^^;

スポンサーリンク

 

うるさくなく、くつろげるスペース!

大きな音や声が苦手な猫ちゃん。

子供が甲高い声で叫んだり、外からうるさい工事の音が聞こえてもストレスを感じます。

また、猫ちゃんによっては見知らぬ来客もストレスになります。

常に静かでのんびりくつろぎたい!

猫ちゃんとはそういう生き物なのです。

 

日光がよく入る窓がある

ひなたぼっこは猫ちゃんの大好物!!

絶好の昼寝場所です!

また外を眺めることで刺激となりストレス発散にもなります。

うちも手作りのキャットタワーを窓際に設置してます。

スポンサーリンク

 

まとめ

猫ちゃんにとってのんびりした住空間を作るために・・・

一人になれる

静かで広い

危険なものがない

日が入る窓

こんなポイントにまとめられそうです。

まずは快適空間の第一歩。

少しずつ整えていきましょう(*´꒳`*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です