猫が熱中症にならないための5つの対策!!

日本の夏は高温多湿で猫ちゃんにとって危険度MAX!

室温を調節して食欲不振や夏バテを防ぎましょう!

スポンサーリンク

 

猫は暑さに強い!?

もともと猫は比較的暑さに強いと言われて来ましたが、現代の猫はそうでもないようです。

その原因の一つが毛が生え変わる周期がはっきりしない、という点。

被毛の調整が不十分な為、夏の暑さは苦手です( ゚д゚)

↑ 台所で涼を求めるむーにー( ´∀`)

当たり前ですが、冷房のない閉め切った部屋や車内に閉じ込められると熱中症になり、命を落としてしまうこともあります。

夏の暑い時期は必ず冷房を効かせて、快適に過ごせるようにバックアップしましょう。

特に飼い主の留守中に熱中症になるケースが多いようですので出かける前に指差し確認が必要です。

スポンサーリンク

 

外出前にチェックしよう!熱中症対策。

対策1.エアコンをつけよう!

猫の様子を観察しながら温度調整をしましょう。

暑いとひんやりとした場所で転がり、寒いと体を丸めたり、毛布に潜ったりします。

室温が何度以上だと暑がっているのかをチェックして、その室温を超える日はエアコンをつけましょうd( ̄  ̄)

大体目安になるのが室温28℃以上です。

一日中、エアコンをつけておくのが気になるなら、うまくタイマー機能を利用しましょう。

電気代がかさみますが、猫ちゃんのためなら仕方ない部分かもしれませんね^ ^

 

対策2.エアコンをつけた部屋には暖かい場所も必要なのだ。

エアコンで部屋全体をキンキンに冷やせばいいというわけではないようです。

体が冷えたら暖まれるようにエアコンの風が直接当たらない場所にふかふかのベッドや毛布を用意してあげましょう。

↑ 毛布にくるまるむーにー( ´∀`)

猫ちゃんが自分で微調整できるようにです!

 

対策3.直射日光はカーテンでガード!

カーテンを閉めることで室温が上がるのを防ぐことができます。

遮光カーテンはより断熱効果があるのでGOOD!

スポンサーリンク

 

対策4.をたくさん用意しよう!

夏はこまめに水分補給をしてほしい!

暑くて動くのがおっくうなときもすぐに水を飲めるように部屋のあちこちに用意してあげましょう!

万が一、部屋に閉じ込められた時を想定して全ての部屋に水を用意してあげると万全です。

でも水は新鮮な方がいいと思われるのでうちは結構こまめに変えています。

という意味では、こまめに変えられるぐらいの数を置くといいかもしれませんね。

 

対策5.クールマットなどの涼めるグッズ活用!

保冷剤をタオルで包んだり、市販のクールマットを買って来て、涼める場所を作りましょう!

ひんやりアルミマット、満を持して登場。

 

クールマットに警戒して近づかない場合はまたたびやおやつでクールマットの上に誘ってあげましょう。

「あれ、ここ気持ちいいやん」ってなるかもです。

↑ ちなみにむーにーは金属の椅子の脚にからむのも気持ちいい様子。

 

扇風機は猫にとって涼しい?
猫ちゃんは肉球以外は汗をかきません。

つまり、気化熱で体を冷やせない為、猫ちゃんに扇風機は役立たず( ゚д゚)

むしろ、猫ちゃんに必要な室内の温度差を無くしたり、思わぬ事故に繋がる恐れもあるので使わない方が無難かもしれません。。。

 

まとめ

室温に関しては、猫ちゃんは赤ちゃんと同じ!ぐらい思っててもいいかもしれません。

意外と我慢強いので、室温に気を遣ってあげないと、知らぬ間に口呼吸してた!なんてことも起こりえるかもΣ(゚д゚lll)

自分でコントロールできない分、我々がしっかり守ってあげましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です