部分ケアで清潔をキープ③おしりのケア

耳まわり、顔まわりと来て最後はおしり!!

スポンサーリンク

 

準備するもの。

湿らせたガーゼ

ガーゼを使いやすい大きさにカットして使用します。

水かぬるま湯で湿らせて、滴らない程度にかたく絞って準備OK。

 

おしりのケア方法

しっぽを持ち上げて、肛門から放射線状に拭く。

まずしっぽを持ち上げて固定します。

うちはこういう感じです。

これをさせてくれる猫ちゃんは偉いぞ(´;Д;`)泣

続いて湿らせたガーゼで肛門を拭いていきますが、このときのポイントは放射線状に拭く事。

優しく拭いてあげてください💕

特におしりの皮膚は弱いので、何度も拭かないように注意してください( ̄∀ ̄)

補足
冷たい水に驚く場合は、ぬるま湯で湿らせたガーゼで様子を見てあげてください〜
x

 

毛にウンチが絡んだ場合は湿らせてからオフ!

毛に汚れが絡んでいる時は、湿らせたガーゼを汚れにあててふやかしてから、つまみ取るように除去します。

 

最後

おしりは敏感な部分ですので猫は嫌がることが多いです(´;Д;`)

むーにーも鳴きはしないものの、ちょっと脱走を試みようとします💦

汚れがひどい時や肛門線のケアをしたい時は、動物病院やペットサロンにお願いしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

    • 出来損ないの名探偵さん

      ペット用のウェットシート、十分良いのではないでしょうか〜?
      みゅうみゅうちゃんもおしりをケアしてもらって幸せですね〜(о´∀`о)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です