脱出計画step.1 〜マイクロチップの埋め込み&狂犬病予防注射(1回目)〜

長い道のりの始まりです!

でも大丈夫!

一歩一歩確認していけば必ずうまくいきますよ(*^^*)

スポンサーリンク

 

猫ちゃんの皮下にマイクロチップを埋め込みます。

実施時期

1回目の狂犬病予防注射を接種する前にマイクロチップを埋め込みます。

つまり一番最初にしましょうという事ですね。

※マイクロチップとは:

個々に唯一の識別番号が記録されたチップ。注射器のような挿入器で皮下に埋め込み、専用の読み取り機(リーダー)で番号を読み取る事でそれぞれの猫ちゃんを識別できるようです。

 

推奨するマイクロチップの規格

ISO規格のマイクロチップ(番号が数字のみで15桁のもの)

私たちが行った時は当たり前のようにこの規格を使っていました。

日本にペットを連れて帰る人が多く、慣れておられるんでしょうね。

 

病院について

私たちが行った動物病院は上海の申普宠物医院です。

住所:徐家汇路565号

TEL:021-5301-8000

 

なんかこの病院が輸入手続きを行う上でオーソドックスな動物病院みたいです。

車を運転できる知り合いがいたら連れて行ってもらった方が猫ちゃんの負担が少なそうですね^ ^

 

受付にて

受付で猫用の予防注射記録手帳を作る必要があります。

記録手帳の1ページ目に

・猫ちゃんの名前(英語か中国語がいいと思いますがウチは英語にしました)

・年齢

・品種(中国語を調べておいた方がいいです)

・性別(男の子だったら公、女の子だったら母)

・カラー

・誕生した場所(上海でOK)

・誕生日

記録手帳の2ページ目に

・飼い主の名前(英語で書きました)

・飼い主の住所

・飼い主の連絡先

を書くよう求められます。

また時間のある時に写真を載せますね!

 

費用

マイクロチップの挿入と狂犬病注射で

380元でした。日本円にして大体6000円ぐらいです。

 

むーにーの場合

むーにーを台に乗せて、なんかお医者さんが注射器みたいなやつを持ってきました。

てか針ふっと

 

これを刺すんかい!

 

心の準備がまだ出来てな・・・

 

・・・

 

あ・・・

 

むぅにゃぁぁああん!!

 

うちらはこんなんでしたが、当のむーにーはなく事もなく

じっと耐えてました。。。

 

エラすぎるよ、むーにー

あんたはええ子や。。。。・゜・(ノД`)・゜・。

 

針が太かったので結構血出てました。

 

※全ての手続きをマイクロチップに絡めて進めていきます。

日本到着時にマイクロチップが反応しなければ全てが無駄になるので

私たちはあまり挿入した場所付近を揉んだり、お風呂でこすったりしないようにしました。

 

スポンサーリンク

 

続いて狂犬病予防注射(1回目)を行います。

マイクロチップの埋め込み後、狂犬病予防注射を2回接種します。

今日は1回目だけ。

2回目は大体30日後です。

 

実施時期

※1回目はマイクロチップを埋め込んだ日と同じ日に接種可能です。

つまり同じ日(同じ日というか連続)に2回注射するんですね。

可哀想すぎて後日にずらす人もいるかもしれません。

ウチは何回も病院に連れてくると逆にむーにーに負担がかかる気がしたので一緒に終わらせました(>_<)

 

生後91日以降である事を確認しましょう。(生まれた日が0日)

マイクロチップ埋め込みのに接種しましょう。

 

有効な予防液の種類

・不活化ワクチン(inactivated / killed virus vaccine)

・組替え型ワクチン(recombinant vaccine)

※いずれも国際獣疫事務局(OIE)の基準を満たしたものに限ります。

※生ワクチン(live virus vaccine)は認められません。

慣れているのでお医者さんはどんどん進めようとします。

心配であればキレられるとしてもその都度確認するようにしましょう。

大事なところですからね!

 

むーにーの場合

マイクロチップを埋め込んだ後、間髪入れずにワクチンを打ち込まれました。

 

こっちはさっきよりずっと細い針で少し安心。

 

でもずっとむーにーの体を支えていて声掛けしていました(>_<)

 

むーにーは、いつもと変わらない表情。。。

 

あんたって子は・・・!!

 

最後

カウンターにて予防注射記録手帳にシールを貼ってもらい、スタンプももらいます。

 

・マイクロチップの番号が記されたバーコードみたいなシールとその上にスタンプ

・ワクチンの種類が書かれたシールとその上にスタンプ。そしてその下にサイン。

 

これで完了です!!

 

むーにー!

早く帰ろう!!

 

次は30日ぐらい後にまた狂犬病予防注射(2回目)です。

※2018年5月時点での情報なので内容や要求事項が変わっている可能性があります。

ご自身でも公式サイトでお調べになる事をオススメします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です