脱出計画step.7 〜出国当日の出発空港手続き&日本到着後の輸入検査〜

ついにやってまいりました、出国当日!

 

出国朝方。

出国朝方の伸び。

出国朝方の伸び②

 

今回は浦東空港からコリアンエアーを使って韓国経由で鹿児島行きです(^^;;

鹿児島直行便(東方航空)などもあったのですが、むーにーが貨物行きになってしまうので、一緒に客席にどうしても乗りたく、探しに探しまくり見つけました。

デルタ航空とかも以前は足元に置けたのですが、今年から貨物行きになってしまうとの事でした。

 

上海から日本へ猫ちゃんを連れて帰る時はぜひ参考にされてみてください!!

 

11:20離陸で本来なら2時間前の9:20空港着を目指して行くのですが、今回はむーにーの搭乗手続きなどもあるので9:00を目指して出発しました。

 

スポンサーリンク

 

最後の浦東空港へ!

搭載できるバッグの大きさは規定があります。

これが規定サイズギリギリのむーにーバッグ。

いつだって僕らの味方、たおばおで購入。

 

↑届いたすぐから家の中に設置していたので、新しいバッグにも既に慣れています。

 

と言いつつも空港へは大きめのバッグで向かいます^ ^

 

空港へドライブ。

上海人のお友達が運転して下さったのですが、むーにーをとても可愛がってくださっていたお友達ご夫婦も付いてきて下さるとの事。

なんとも心強い味方です。

 

むーにーも車の中で比較的安定した精神状態で助かりました(*^^*)

 

以前は、車に乗せると緊張して口呼吸をしていたので今回は長旅という事もあり、ジルケーンというサプリも使ってみました。

 

詳しくはまた他の記事で書こうと思うのですが、このジルケーンはミルクティーみたいな成分で作られた猫用のサプリ精神的リラックスが期待できるというものです。

 

ただ長旅なのでむーにーのお通じを促すものになるとそれも困るなぁと思っていたので、何日か前からむーにーに与えていました。

すると特にお腹がゆるくなる事もなく、むしろリラックス出来ているようだったので出国当日もジルケーンを飲ませておく事に決定。

 

それのおかげもあってか、車の中でも比較的安定した状態だったというわけです(*^^*)

 

約1時間ちょっとのドライブを経て、空港到着です。

 

 

スポンサーリンク

 

出発空港での手続き

発券カウンターでむーにーの費用をお支払い

まずは、荷物をカーゴに載せて、発券カウンターへ。

カーゴに乗せると気にならないんですが、荷物がデカイす。。。

 

なぜこんなにデカイのかというと、二人で話し合った結果、むーにーのお気に入りのトイレを日本に持って帰る事にしたからです笑

でた!ウチ特有の思い切った作戦笑

なんか日本でも探したんですけど、日本で売ってるトイレってサイズが小さいんですよね〜\(//∇//)\

 

むーにーは少ぉし、大きめだし、おトイレの時はゆったりして欲しいので、このお気に入りのトイレを持って帰る事にしました。

割れる危険性を考慮してクッション材いれたから大丈夫!・・・だと思う。

 

さてさて。

むーにーを搭乗させるという事は予約の時点ですでに伝えているのですが、むーにーの搭乗代は当日カウンターで支払うようにと言われていました。

 

カウンターで予約番号を伝えて、むーにーの搭乗代150アメリカドル(1033元)を現金で支払いました。

支付宝でも行けるんじゃないかと思ったのですが、一応問い合わせセンターで案内された通り現金を用意してました。

 

チェックイン

お次はチェックインです。

 

海关でGETしたむーにーの証明書を見せるように言われたので、見せました。

証明書の2枚目をどこかで提出しなければいけないと思っていたので、ここで提出するのか訊いたところ「ここで提出は必要ない」との事。

もっと後の場所で提出するようです。

 

あとは、安全検査の時、むーにーをX線の機械に入れずに済むようにA4の用紙を渡されてチェックイン終了です。

 

イミグレーションと安全検査エリアへ入っていきますが、ここで1年もの間むーにーを愛して下さったお友達夫婦とお別れです。

思えば最初にむーにーを紹介してくださったのもこのお二人でした。

時々遊びに入っていたのでおじいちゃんおばあちゃん家みたいに慣れてましたね〜(*^^*)

 

必ず連れて帰らなければいけないと思っていたものの、お二人の気持ちも考えると複雑な思いです。

 

必ずブログを通してむーにーの近況報告する事を約束しました。

 

イミグレーションへ

イミグレーションの長い列に並び始めるのですが、むーにーをずっと担いでいた方が良いのか、それともちょこちょこ進むたびに下に置いた方が良いのか悩みました〜;^_^A

 

結局、なるべく斜めにならないように真っ直ぐ担いでおく事をセレクト。

 

5kg分、肩に食い込むベルトですが、そんな痛みなんかこれから待つむーにーとの3人ジャパンライフを考えると桜の花びらが肩にそっと乗ったぐらいのものですよ( ´ ▽ ` )ノ

 

安全検査

無事イミグレーションを抜けて安全検査へ。

 

「むーにーは絶対X線なんかに通しちゃダメだぞ!!( *`ω´)」と目で威嚇しながらチェックインの時もらったA4の紙を渡しました。

 

あと、忘れてはいけないのが、証明書(3枚綴り)の2枚目。(コピーじゃないよ!)

 

一度、係員の方にむーにーをお渡しして、私はゲートを通り、再びむーにーをGET。

 

その時、係員の人がむーにーを指差し、「これも通すよ」みたいな仕草。

 

!!

えええぇっ、さっき紙渡しましたよね!?

Why?ぅWhy??

と勝手にパニクっていたら、どうやらむーにーを抱っこしてバッグだけ通すようにという事でした。

 

な、なんや。。。はよ言わんかいな。。。おいちゃんびっくりしてもうたやないかい。。。ε-(´∀`; )

 

むーにーを取り出したら係の女性の方は仕事を忘れて「THE安らぎ」という顔をされていました。

なかなか空港でのお仕事中では動物を見る事はないですもんね〜(*^^*)

 

一回バッグから出すとなかなかバッグにもう一度入ってもらうのは大変でした〜

もうこの辺で嫌気がさしているといった感じでしたね。

ジルケーンの効果はいずこ。。。

 

搭乗口へ

安全検査を通ったら、こんどは搭乗口へ歩きます!

 

ここでやっと椅子に座れますε-(´∀`; )

ちょっと疲れてるのか遠くを見つめているむーにー。

出せるところでは出してあげたいですね(>_<)

 

それではいよいよ飛行機に乗り込みますよ!

 

 

スポンサーリンク

 

飛行機の中で。

客室乗務員さんたちの黄色い目線を集めながら、自分の席へ。

 

どうやらチェックインの時に事前に気を利かせていただいたようで、最後尾の2人用シート(隣空席)を用意してもらっていました。

やるなコリアンエアー。

 

離陸が近づくと「下ろしてください」と言われるかもしれませんが、とりあえず今は隣の席に乗っけてむーにーを触っています。

 

ジルケーンパワー再びか、静かに寝てくれてます。

 

よかった〜!!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

今から離陸です。

寝ているうちに飛んでくれ〜!

 

という願いむなしくエンジン音で起きるむーにー。

 

↓むーにー上海を眺める図。

 

 

 

 

 

これはあれですね、元気だけどちょっとビビってます(^^;;

 

さよなら上海!!

また来るよ!(希望)

 

11:21離陸して14:11に韓国到着。

 

 

スポンサーリンク

 

乗り換え時に事件発生。

乗り換え時の安全検査

人の流れに沿って、韓国へ入国しないように気をつけて乗り換えの方へ歩いていきます。

 

また安全検査がありましたのでむーにーをバッグから取り出さなきゃいけません( ;´Д`)

この時はなぜかあの最初の安全検査で提出したA4の紙は不要のようです。

 

みんな(ほとんどが韓国の方か西洋の方)も長旅で疲れてる中、むーにーを発見して「ウワァーオ!」「ヒャッホーイ」みたいになってました。

恥ずかしかったのでささっと終わらせたかったのですが、検査終了後むーにーをバッグに入れようとした時事件が!!

 

むーにーが脱走を試みたのです!!( ;´Д`)

 

私の体をよじのぼり背中の方へ。

後頭部でようやくキャッチしたのですが、むーにーの爪がフリースの肩の部分に引っかかってなかなか取れない。

 

周りの人たちもちょっとざわついてます\(//ω//)/

「やばい、大変な状況だ」「あの猫取れなくなってるのよ」みたいな事を言ってる感じです。恥ずかしい。

 

でも取らなきゃいけない。半分お腹が見えてる状態だがなんとかしなきゃならない\(//∇//)\

 

という事で。。。

いち、にの、さん!!とジャンプの反動でなんとか引き剥がしました。(お腹見えてる上にかなり恥ずかしい動き)

 

周りのみんなが一緒に「ヨイッショー!!」とかけ声をかけてくれてた気がしますが、恥ずかしくみんなと目を合わせられずむーにーをバッグにしまいました;^_^A

 

むーにーも長時間バッグの中にいたのでかなり限界きてるんでしょうね。。。

 

搭乗口で再び待つ

次の搭乗を待ってる時も、むーにーは終始元気ない感じでした´д` ;

しょうがないですね。。。

限界きてるむーにー。

 

さっきみたいにパニクって逃げてしまわないように注意が必要です。

 

ごはんを何粒か差し出してみるも食べる様子がなく。。

むーにーにしては珍しい光景。

 

無理に食べさせなくてもいいかと思い、むーにーに軽く触ってました。

乗り物酔いしたら吐いちゃう可能性もありますしね。

 

2回目の飛行機も最後尾の2列シート(隣は空席)でした。

やるなコリアンエアー再び。

 

皆様、最寄りの空港がコリアンエアーございましたらご検討をオススメいたします(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

鹿児島空港に到着!

日本時間の17:50。

私もむーにーも疲れた表情で鹿児島空港に到着です_| ̄|○

 

まずはパスポートにハンコを押し、荷物をキャッチ。

 

動物検疫のカウンターで書類提出

続いて荷物検査を通る前に動物検疫のカウンターに行きます。

 

ここで提出する書類は以下の6種類。

FormAC

 

届出受理書

 

狂犬病抗体検査証明書

 

中国検験局が発行した動物衛生証明書の原本1枚目

 

中国検験局が発行した動物衛生証明書の原本1枚目のコピーに動物病院のハンコが押されたもの

 

出国直前の身体検査時、動物病院がくれた駆虫証明書

(一応提出しましたが、日本に入国の際は不要とのことでした)

 

書類はすべて問題ないとの事。

やった〜!!

事前にメールで確認していたので安心でしたね。

 

マイクロチップの確認

あとはマイクロチップが反応するか確認するという事ですが、むーにーが逃げ出さないように中の事務所で検査するようです。

ただ、人間は一度空港待合室に出る必要があるので一旦むーにーとお別れ。

担当のお兄さんにお預けします。

 

待合室で待つ事5分。

 

お兄さんが出て来てくださって、荷物カーゴごと中の事務所へ。

 

さてドキドキのマイクロチップ読み取りです。

ここで読み取れなければすべてが水の泡。

検査施設に係留しマイクロチップやワクチンを打ち直し、潜伏期間を過ぎる必要があるため、何ヶ月かむーにーとお別れになってしまいます。

それは絶対嫌だ〜〜〜!!!

 

ピッとチップリーダーが反応して書類の数字と照らし合わせて確認。

 

「合ってますね。お疲れ様でした。」

うわぁああん、良かったよ〜〜、むぅにぃいい〜〜。・゜・(ノД`)・゜・。

 

皆さんの予想通りむーにーはクールな顔をしていました(^^;;

 

そしてGETした輸入検疫証明書がこちら。

 

これですよ〜!

これが欲しかったんですよ〜〜!!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

一つ一つの工程をクリアするために色々大変でしたが、頑張って良かったですε-(´∀`; )

 

そして空港待合所に出たらちょうど迎えに来ていた家族が!

 

スポンサーリンク

 

暖かいお家へ。

夜も更けた20:20。

実家に帰り、むーにーのトイレを素早く設置したら、ゆっくりと入っていくむーにー。。。

トイレシーンなのに感慨深いものがあります笑

むーにー、頑張ったねぇ〜。・゜・(ノД`)・゜・。

 

ホッとしました。

これですべてが終わりました。。。

 

むーにーは家の中を探検していますが、こっちはちょっと休もうと思います。

 

↑むーにー初おこた。

 

ご協力してくださったたくさんの友達に感謝です。

皆さんのご協力がなければ、むーにーの帰国はあり得ませんでした。

また帰国に伴う様々な作業も手伝っていただき、本当に助けられたと感じております。

本当にありがとうございましたm(_ _)m

 

これから日本で同じようにむーにーの日常を届けてまいりたいと思います。

 

それでは!!

半年に及ぶ上海脱出計画、コンプリートです!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です